これからの時代の稼ぎ方〜「付加価値」を高める

Money

日本の企業においては、Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)化=DX化が叫ばれ、IoT、AI、ロボット化などテクノロジーが進化し続けています。そうなると、仕事の半分は人工知能やロボットに仕事が置き換えられて、消滅していくことになります。

そこで、自分の仕事が奪われないか不安、自分自身の付加価値が何かわからない、これからの時代の仕事やこれからの時代の稼ぎ方について具体的に何をしたらいいのか知りたい、こういった疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • これからの時代は『個々人の付加価値』を上げて稼ぐしかない
  • 付加価値を高めて稼ぐ方法【緊急度の低いタスクが重要】
  • 結論は、行動を起こし、それを継続するしかない

これからの時代は『自身のValue』を上げて稼ぐしかない

結論としては、自身のValue=付加価値を上げることです。

日本の労働生産性は、1970年代以来ずっと、先進国中最下位にあると言われています。企業に社員数が多く、長時間残業などの労働時間が長いことからもわかるかと。

〜Newsweek 本気で考える、日本の労働生産性はなぜ万年ビリなのか?〜

頑張って働けば結果が出る、という時代ではなくなった…

ぼくは、バブル時代を生きてはいませんでしたが、バブル時代は「頑張って働けば結果が出る」旨の話をよく見聞します。

しかし、日本は、人口が減少傾向にありマーケットが縮小しているうえ、外資も入ってきて競争がさらに激化してい流ので、頑張って働くだけで成功することは難しく、長時間労働は苦役となります。

「付加価値」を上げるしかない

先のNewsweekの記事にもありましたが、頑張るだけでは結果が付いてくる時代ではないので、やるべきことは付加価値を上げていくことです。

 付加価値生産性=付加価値額÷(労働者数・労働力×労働時間)

これは、企業単位でももちろんですが、一個人にも同様に当てはまります。

頑張るだけで結果が付いてくる時代は終わったので、 やりたくもない残業を行い激務を課されている場合は、分母が大きくなるだけで、どんなに働いても結果は伴わないため、高い収入を得ていくことはできません。

日本の衰退を見ていれば、大企業のやり方が正しいとはいえないことが分かります。なので、自分で考えて、自分で行動して、自身の価値を高めるしかないですね。いかに自身の時間単価を上げていけるかに疑問を抱いて行動すべきです。

付加価値を高めて稼ぐ方法【重要なのは緊急性の低いタスク】

付加価値を上げろと言っても、じゃあ、具体的に何すればいいのか疑問が浮かぶはずです。これについて解説します。

付加価値生産性を高めるためには、先の説明からすれば、①付加価値を上げるか、②労働者数を減らすか、③労働時間を減らすか、ということになります。

 付加価値生産性=付加価値額÷(労働者数・労働力×労働時間)
  ①付加価値を上げる
  ②労働者数・労働力を減らす
  ③労働時間を減らす

そこで、企業で言えば、以下の通りです。

  • 新商品の開発、新市場の開拓…①
  • 外注費用の削減…②
  • 人件費の削減…②
  • 業務の効率化…③

では、個人ではどうでしょうか。

結論としては、『重要なこと×緊急性が低いこと』に分類されるタスクです。

  • 人間関係づくり
  • 準備と計画、行動
  • 日々の勉強
  • 体力づくり
  • メンタルの安定

つまり、急いでやる必要はないけど、将来的に資産となる行為・行動をしよう、ということです。自己投資もその1つですね。

緊急性の高い仕事は価値が低い

これまでは、日本が人口増加と経済成長に支えられていたため、緊急性のある仕事のみをやっていても生きていけました。

しかし、今後は、AIやロボット化で人のタスクが奪われていき、IoT化で労働効率が高まっていくと、代替性のある単調な仕事はなくなっていきます。

コミットすべきは、緊急性の低いタスク

ぼくがコミットしたのは、勉強の継続本業と領域が近い分野での副業です。

サラリーマンをやる上でのゴールを設定し、そこから逆算して行動計画を立てて勉強をしています。また、副業はブログを書いています。

ぼくは大学までサッカーばかりでほとんど勉強してこなかったので、社会人になってからも勉強を継続することを意識してきました。読書や資格取得に向けた勉強、スキルアップのための勉強です。

特に、苦手意識のあった『数字』を意識して、簿記や会計の勉強を継続してきたおかげで、転職においては、1度目の転職で月収が10万円、その1年後の2度目の転職でさらに月収が9万円増加しました。また、副業においては、これらの資格取得が功を奏し、他社のアドバイザリー・顧問を受けていて、毎月5万円の副収入があります。

そこで、これからはサラリーマンとして経験した分野を中心を、ブログやTwitterで発信して媒体を育てていきつつ、同時にマーケティング・広告(アフィリエイト)に取り組んで、資産を作っていこうと考えています。

ブログは、常に緊急度の低い仕事に属します。

当たり前ですが、個人ブログなので、サボったとしても誰にも怒られないです。もちろん既存の仕事を頑張る事も大切です。ただ、全体の2割くらいの時間を割ければベターですが、そうでない場合でも1日ほんの少しの積み重ねでも、ブログなどの緊急性の低いタスクに費やしていくことで、付加価値が大きく膨らんで高まっていきます。

緊急性が高いタスクをたくさん抱えている人は…

当たり前ですが、タスクに埋もれていたら、緊急性の高い仕事から処理するしかなくなります。でも、その状態だと、将来的な資産を増やせません。将来の可能性は開いていきません。

ある程度ヒマというか余裕があることも重要です。キャパがないと、何もできなくなるからです。タスクが多い人は、まずは捨てる勇気を持って断捨離することから始めましょう。

まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • これからの時代の稼ぎ方は「付加価値」を上げる
  • 「緊急度の低いタスク」が付加価値を高める
  • ある程度ヒマを持つことも重要

繰り返しですが、まずは日々の業務もちゃんと頑張りましょう。仕事がストレス過ぎるなら辞めるという選択肢もありますが、そうじゃないなら機会を失うので、頑張るべきかなと。

本業をしながら、同時並行で緊急性の低いタスクを継続する。これが良いかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。