3度のIPOに携わった経営参謀直伝②!!「コーポレート部門」のプロ意識とやりがい

Money


こんにちは、keijinhoです。

以前、3度のIPOに経営者を補佐する「参謀」として携わった上場企業の役員にお会いした際のお話の続編です。コーポレート部門管掌ということで、コーポレート部門におけるプロ意識とやりがいについて書きたいと思います。

本記事の内容

1.「コーポレート部門」とは

2.コーポレート部門のプロ意識・やりがい

3.コーポレート部門の承認欲求と忍耐

「コーポレート部門」とは

企業の経営戦略・事業戦略やリスク管理など、全社横断的なスタッフ機能を担当する部門です。 管理部門と言われたりもします。

具体的には、コーポレート部門として、秘書、総務、人事・労務、経営企画、経理・財務、法務・コンプライアンス・リスク管理、IT・インフラ・セキュリティ、社長室があります。会社全体の方針や経営戦略を実現させるための細分化した機能といえます。

コーポレート部門のプロ意識・やりがい

コーポレート部門は、会社の方針や経営戦略を実現させることがミッションなので、間接的ではありますが、実際に会社を大きく動かしている部門です。

所属している人の中には、思いもよらず配属された人、志望して配属された人など様々あると思いますが、以下では、コーポレート部門のプロ意識・やりがいを書いていきます。

①自らの役割に対する認識

コーポレート部門に所属する人こそ、自らの役割に対する認識を持つことが重要です。

コーポレート部門は、会社の売上に直接関連するわけではなく、しかしもちろん人件費はかかるので、コストセンターという言われ方をしたりもします。

しかし、先述のように、会社の方針や経営戦略を実現させることが仕事のため、経営者ではなくてもある程度会社の根幹に関わる仕事を行うことになります。

そのため、そういうポジションであり、やりがいがあるポジションということを認識して仕事に臨むべきです。そうでなければ、ただ仕事をやらされているということになってしまいがちです。

また、特にベンチャー企業において言えることですが、会社のパフォーマンスが最大化するのは、経営者が最高のパフォーマンスを発揮した時です。

社長室の役割とも一致しますが、コーポレート部門は、経営者に対して、最高のパフォーマンスを発揮してもらう環境を用意する、最高の経営判断ができるよう社内外の情報提供を始め、サポートしていくポジションであるということを認識すべきです。

コーポレート部門がスピーディーに生産性高く適切な仕事をすることで、経営判断に好影響を与えるのであれば、結果として会社のパフォーマンスが上がり、業績が向上し、社会のために貢献ができて、社員に対しても還元がある、という好循環が生み出される可能性もありますよ。

②「スピード感」と「朝令暮改」

コーポレート部門には、「スピード感」と「朝令暮改」が求められます。特に、大企業よりもベンチャー企業の方がその傾向にあります。

優れた経営者は、そもそも多くの矛盾を抱えているもので、コーポレート部門の人たちからは、方針がコロコロ変わる経営者には付いていけないという声をよく聞きます。

しかし、経営者本人からすれば、状況の変化に合わせているだけなのです。そもそも圧倒的な業績を上げる経営者は、どこか人と異なる観点を持っています。

そのため、矛盾していなければ、既存の枠組みに囚われすぎているか、自分の考え方をなぞって当てはめているだけなので、そういう経営者はかえって危険と考えるべきです。

朝令暮改は悪ではなく善である、コーポレート部門の人はこのような気持ちで仕事に取り組む必要があります。

ぼくの会社の社長はよくちゃぶ台返しをしますし、ちゃぶ台はひっくり返すものだ、と言っています。ただ、日常から明言しているので、抵抗がなくなりました。

読者の皆さんも、朝令暮改は必要なものだと捉えるようにしてみてください。

③人の話を聞く

人の話を聞くというのは、経営者意識を持つということにもつながります。

経営者は、人にはない発想ができたり、圧倒的な成績を残しているからこそ、起業して成功していたり、大企業で出世競争に生き残ったりしています。

コーポレート部門の人間は、こうした経営者に近いところにいるため、経営者の考え方の全てをトレースできなくても、一部分だけでも体現できることを目指すことが大事になります。

そのためには、経営者から信頼されていなければなりません。信頼獲得の方法については、経営者の性格や個性にもよる部分はありますが、何にでも共通することとしては、本当に誠実に、誠心誠意やることであり、相手の話をしっかり聞くことが第一です。

「聞く」という行為は意外に難しいものです。聞いているだけだと自分の意見がないと思われるというようなプライドや、自分のアイディアで物事を動かすことが「善」であり、何か言われたことを聞くだけでは「悪」であると捉えられてしまうという不安からだと思います。

しかし、経営者側からすれば、考えた上での発言をしているのであり、あなたの意見が欲しければ求めてくるはずです。それよりも聞いたことを実現させることの方が経営者の信頼を勝ち取ることにつながります。

そのため、まずは、自分が話すことよりも先に聞くことを大事にする、という意識を持つべきだといえます。

コーポレート部門の承認欲求と忍耐

最後になりますが、コーポレート部門は、事業部門と異なり、減点評価となりがちです。手続きや期限を守ることを求められ、ミスをしないことが当たり前でミスをすると責任と問われる一方で、加点の機械は極めて少ない部門です。

そのため、ミスを恐れて仕事内容が保守的になったり、承認欲求が満たされず、不満が溜まりやすい部門でもあります。

さらに、コーポレート部門は、売上に直接的に貢献しないため、事業部門の人に対して劣等感を抱く人もいるかもしれません。

しかし、それは違います。コーポレート部門のお客様は、経営者や事業部門です。経営者や事業部門をサポートし、それによって業績を間接的に拡大させていくことが役割となります。

そのため、コーポレート部門の人は、自らの役割を認識しながら仕事をすること、努力を継続することを、忍耐をもって行っていくことが必要です。

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

・コーポレート部門は、会社全体の方針や経営戦略を実現させるためある部門

・コーポレート部門、経営者の近くで会社を間接的に動かしているという意識を持つべき

・コーポレート部門の承認欲求に対し、忍耐で打ち勝つ

コーポレート部門のプロ意識・やりがいは、わかっていただけましたでしょうか。

ぼく自身、経営企画・法務を経て、現在社長室を勤めているため、特に承認欲求との戦いは辛いものがありました。しかし、ぼくら間接部門がいるからこそ、企業が円滑に経営できていることもまた事実です。

自身の会社の中での役割を改めて見つめ直してみてはいかがでしょうか。きっと、会社を動かしていることがわかり、自分の役割が重要なことに気がつくはずです。

本記事を最後までお読みいただきありがとうございました。