未経験でもIT業界に転職する方法!独学・行動が重要です!

Money

こんにちは、keijinhoです。

  • 未経験だけどIT業界に転職できる?
  • 未経験でもできる仕事はある?
  • 未経験でIT転職するためには何をしたらいいの?

本記事では、こういった疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • IT業界の分類と未経験でも転職できる職種
  • 未経験からIT転職する手順

未経験でIT業界に転職する前に仕事内容を把握すべき

IT業界の分類・未経験で転職できる職種

IT業界というと1つに捉えられがちですが、大別すると4つに分類されます。

インターネット・Web業界

インターネット・Web業界は、企業のコーポレートサイトやHPなどを構成・運営するWebサイト制作、インターネット広告、FacebookやTwitterなどのSNS、Googleなどのポータルサイト・検索エンジン、Amazonや楽天などのEC(電子商取引)など、インターネットを利用して情報のやりとりやサービスの提供を行う分野です。 

Web系ならインターネット好きな人、ゲーム系ならゲーム好きな人、メディア系なら書いたり編集したり発信したりすることが好きな人に向いていると思います。

営業・コンサルやWebマーケティング、エンジニア、Webデザイナーなどは、比較的未経験の方でもチャレンジしやすく、実際に未経験から転職が決まりやすい職種です。

情報処理サービス・SI

システムインテグレータ(SI)とも呼ばれ、企業の課題をヒアリングし、システム構築等行ったりして、業務の効率化や省力化等、企業の課題解決を行う、かつシステムの保守を行う分野です。アクセンチュア、IBM、NTTデータなどの企業が有名ですね。 

IT業界の中でも、顧客の課題のヒアリングだったり、ミーティング、プレゼンなど、対面の仕事が多いので、営業が得意な人やコンサルに興味がある人にオススメできます。

営業・コンサルやマーケティング、コーポレートなどの職種は、未経験からでも転職が決まりやすいです。

ソフトウェア業界

WindowsやMacなどのオペレーティングシステム(OS)やスマホなどで使うアプリケーションの設計・開発などを行う分野です。Microsoft、トレンドマイクロ、日本オラクルなどがあります。

IoTが普及しつつある中なので、デバイスを操作しより便利にしていくためには、ソフトウェアの開発が必須になってきます。クラウド化が進んでいるのも、ソフトウェア業界が盛り上がる要因の1つです。

なので、最先端の分野でチャレンジしていきたいという方は特に向いているかと思います。

未経験でも、営業・コンサルやマーケティング、エンジニア、コーポレートとは相性がいいといえると思います。

ハードウェア業界

PCやキーボード、スマホ、ゲーム機、家電といったデバイスの企画・設計、開発、製造、販売までを一貫して行う業界です。

パソコンやスマートフォンはもちろん、IoTデバイスなどがトレンドとなっているため、将来性のある業界で、組み込み系エンジニアが代表的な職種です。

最近では、明石家さんまさんがCMをしているポケトークシリーズはIoTデバイスの代表ともいえると思います。モノづくりが好きな人、成果を形で残したい人には向いているといえます。

Pocketalk S

未経験でも、営業・コンサルやマーケティング、コーポレートであれば、十分戦っていけます。

未経験からIT転職する手順

ここでは、興味がある職種に応じて、IT転職をするために何から始めるべきかを解説していきます。

エンジニアやWebデザイナーに興味がある場合

プログラミングやデザイナーとしてのスキル自体がない人

エンジニアやWebデザイナーに興味があるけど、プログラミングやデザイナーとしてのスキル自体がない人は、まずプログラミングを始めましょう。

そもそも、未経験なのにいきなりエンジニアとして転職できるの?って疑問が出てきそうですが、問題なくできます。なぜなら、IT業界は潮流が早いので、どの企業も人材確保が難しく、社内で育成するという選択があるからです。

とはいえ、経験者だったり、知識を有していたりする人の求人の方が多いのは事実なので、エンジニアやデザイナーとして最低限必要なスキルや知識を身につけて転職にチャレンジするのが転職しやすく条件も良くなります。

そこで、独学してみましょう。一般的に、1つのプログラミング言語を学ぶのに、200〜300時間が必要と言われていて、1日2〜3時間の学習時間が取れれば約3ヶ月という時間になります。

また、独学は苦手という方は、TECH::CAMP(エンジニアスクール)などのプログラミングスクールを活用すると、講師がマンツーマンでフォローしてくれるので、効率よく学習できます。

TECH::EXPERTなら、プログラミング習得後に就職・転職先を紹介してくれるので、こちらもオススメです。

一定の知識やスキルはあるが実務経験がない人、現在エンジニアで別の言語・領域に未経験でチャレンジしたい人

一定の知識やスキルはあるが実務経験がない人、現在エンジニアで別の言語・領域に未経験でチャレンジしたい人は、実務経験がないことを理由に書類選考ではじかれたりするリスクを回避するため、転職エージェントをうまく活用しましょう。

マイナビエージェント×IT』は、エンジニアやWebデザイナーをはじめ、IT業界の転職サポートに特化しているので、必須です。また、より多くの求人に触れるため大手の転職エージェントを少なくとも1つは登録しておくべきです。

IT業界の営業職・コンサルに興味がある場合

IT業界未経験から最も転職しやすい職種が、営業・コンサル系です。これは、前職がITかどうかは重要ではないため、他の職種と比較してIT業界の知識やスキルがなくても転職を成功させやすいからです。

ITコンサルは、IT業界の中でもトップクラスに年収が高いうえ、最先端の仕事ができやりがいも感じられるため、目指している方も多いかと思います。

そこで、未経験の方は何をすべきかというと、早く転職するのが1番です。なぜなら、経験が最も重要だからです。なので、転職エージェントをうまく活用して早く転職すべきです。

他にも、中小企業診断士やITストラテジスト、ITコーディネータ、プロジェクトマネージャー資格は、対内外的にアピールがしやすくなるうえ、業務でも使うため、並行して取得を目指すべきです。

=>「スタディング 中小企業診断士講座」のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!

IT業界のマーケティング職・Webメディア系に興味がある場合

Webマーケティングや、Webメディア系に興味があるなら、副業として、「Webライターをする」or「ブログを開設する」ことをオススメです。

Webライターをするなら、『クラウドワークス』というクラウドソーシングサービスで、実際に案件を取ってみましょう。経験しながらお金をもらえるので、素晴らしいですよね。

【初心者・未経験者でも簡単】Webライターのメリット・副業を始める手順

また、 ブログを始めるでもOKです。

個人的にはこちらの方がオススメです。自分の経験を発信することを継続して、アクセス数を集めていく経験は、転職後にも役に立つと思いますよ。

未経験者がIT転職するまでの流れ

①IT業界を理解する(期間:1週間〜10日程度)

IT業界については、本記事の序盤で解説した感じです。

さらに詳しくという場合は、業界サーチするのもいいかと思います。併せて、キャリアプランを立てるのも重要です。

②独学する(期間:1〜2ヶ月程度)

これも本記事で紹介した通りです。

  • エンジニア・Webデザインに興味 → プログラミング学習、コードを書く
  • 営業職・コンサルに興味 → すぐに転職する
  • IT業界のマーケティング職・Webメディア系に興味 → ライター or ブログ

③転職エージェントに相談(期間:3〜6ヶ月程度)

ここは、②と同時並行で進めましょう。

3社くらいのエージェントに登録しておくと、求人の比較もしやすいです。

あと、担当の転職エージェントとのマッチングの問題もあったり、どこの会社が自分にあった案件を持っているか分からないので、とりあえず幅広く様子見するのが良いです。

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

  1. IT業界の分類と未経験でも転職できる職種
  2. 未経験からIT転職する手順〜転職活動しつつ独学する

動き始めれば、徐々にですが変わってきますし、行動しなければ当然ですが何も変わりません。

ぼく自身はコーポレート専門ですが、動いてみたら副業で企業の顧問という形でITコンサルができています。

現時点では、何が一番いいのか、何をやりたいかの結論は出てないかもしれませんが、とにかく小さくてもいいから初めてみるというのがオススメです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。