【初心者・未経験者でも簡単】副業でWebライターを始めるメリット・稼げる金額・始め方を紹介!

Money

こんにちは、keijinhoです。

  • Webライターってどんな仕事?メリット・デメリットは?
  • Webライターってぶっちゃけいくら稼げるの?
  • Webライターを始めるにはどうしたらいい?

本記事では、こういった疑問に答えます。

ぼくは、本業の関係で、Webサイト運営のディレクション業務に関わる仕事も間近で見ています。また、不動産業界にいた経験から、不動産取引や宅地建物取引士に関する記事内容が中心にWebライターとして副業をしていた時期もあります。

Webライターはパソコン1つでどこでも取り組めて、未経験でもわりと稼ぎやすく、Webライターになる方法もシンプルなので、ご紹介しようと思います。

本記事の内容

  1. Webライターとは?Webライターとして仕事をするメリット
  2. 副業Webライターが稼げる金額の目安・必要なスキル
  3. Webライターを始める手順

Webライターとは?Webライターとして仕事をするメリット3つ

Webライターの仕事

Webライターとは、ネット上の文章を書く職種です。

例えば、企業に就職して自社webサイトの記事を執筆したり、またフリーランスとして企業からライティング案件を受注し記事を書いたり、ブログで記事を書いたりがこれにあたります。ネット上の記事のほとんどはWebライターが書いています。

Webライターとして仕事をするメリット

Webライターとして仕事をするメリットは、3つあります。

  • メリット①:時間、場所に縛られず、初期費用ほとんどなく稼げる
  • メリット②:専門的なスキルが身につく
  • メリット③:成長著しいWeb業界への転職の可能性が広がる

メリット①:時間、場所に縛られず稼げる

Webライターは、PCが1台だけあれば仕事ができてしまうので、時間や場所に関わらずに稼げるようになります。初期費用がPC1台分とネット接続費用のみで、ほとんどかからないのもメリットですよね。

なので、自宅でもカフェでも作業ができるので、サラリーマンが副業として取り組むにはとても始めやすいですし、Webライターとしてスキルが上がってくれば、会社を辞めて十分独立も可能なくらい稼げるようになりますよ。

メリット②:専門的なスキルが身につく

ライターの仕事は、美容や転職、不動産、投資など、さまざまなジャンルに渡りますが、サラリーマンが副業として取り組むのであれば、自身と同一の業界や親和性が高い業界を選択することがオススメです。

記事を書く上で情報収集が欠かせないので、ライティングの過程で仕事に関するインプットができ、本業でアウトプットして、スキルアップの効率を高めていくことができます。

加えて、SEOスキルも身につきます。

SEOスキルを身につけることができれば、個人でアフィリエイトサイトを作って稼ぐという風に転向していくことも可能です。

ぼく自身も、ライティングで月3〜5万円(文字単価1〜2円)の副収入がありましたが、資産を構築していきたいと考えるようになり、ブログをはじめました。Webライターをスタートすることでアフィリエイトで稼ぐという可能性にもつながります。

メリット③:転職の可能性が広がる~成長著しいIT業界への転職も可~

ライティングスキルが身に付くと、転職で選べる業界や企業の選択肢が広がります。

多くの業界の企業がWebサイト運営を行なうようになってきているので、たとえば、オウンドメディアを運営している企業にライターとして就職をしたりという選択肢が増えます。また、業界知識や文章力、マネジメントなどがプラスされていくと、編集者や運営担当などキャリアアップにもつながってきます。

また、Webライターとしてスキルを高めていきたいのであれば、プラスアルファで以下のスキルを早い段階から意識すべきです。

  • SEOスキル
  • webマーケティング知識
  • ライティングスキル

これらのスキルはライティングの経験を積み上げていくことで徐々に身についてきます。そうすると、これを活かしてWebマーケティング会社に転職することも可能になります。

副業Webライターが稼げる金額の目安・必要なスキル

ぼくがライティングをしていた時の推移はざっと以下のような感じでした。

ライティング期間文字単価収入/月
6ヶ月未満〜1円〜3万円
6ヶ月〜1年1円〜2円3万〜5万円
1年〜2年1.5円〜3円5万〜10万円
2年以上3円〜10万〜

こんな感じなので、半年から1年ほどやり続ければ、ライティングで月3〜5万円を稼ぐことは全然可能です。ぼくの場合は、不動産業界にいたり、宅建の資格を持っていたりしたので、不動産に関連するライティングを中心に行っていました。

ただ、いま思えば、もっとしっかりやってればよかったなと感じています。というのも、Webライターは文字単価で収入が決まるので、実績を積めば積むほど収入が上がりますし、本業とリンクする分野でのライティングをしていたので、ライティングするにあたってインプットした知識を本業でアウトプットでき成果につながったからです。

なので、今からチャレンジする方は、ライティングは気軽に取り組みやすいけど、本気になれば多くのリターンがあるということも知っておいた方がいいかなと思います。

継続は力なりなので、まずは頑張ってみてください。

Webライターとして副業を始める手順

ここでは、完全初心者、未経験のWebライターは、何から始めるべきか、Webライターとして稼ぐための手順を解説します。

  • 手順①:まず仕事を取る
  • 手順②:本を読みながら基礎知識を学ぶ
  • 手順③:ライティングで得たインプットを発信する

手順①:まず仕事を取る

いきなりですが、仕事を取りましょう。

人によっては、一通りライティングの勉強してからという方もいますが、実際にやりながらの方が学べることが多いですし、吸収も早いので、繰り返しになりますが、いきなり仕事を取りましょう。

 完全初心者、未経験のWebライターにオススメなクラウドソーシングサイト

基本的には上記2つで問題ありません。

ところで、いきなり仕事に応募しても自分に本当にできるか不安だという方も多いかと思います。もっとも、ほとんどの場合、テストライティングというものがあって、それに通ってるので発注者側にもクオリティの評価は受けてますし、また発注者も記事の修正等があることは想定しているはずですので、そこまで気にする必要はないかと思います。

とはいえ、受けた仕事を無視したり、すっぽかしたりすることはNGです。

補足ですが、ぼくが未経験でライティングを始めた頃は、未経験であることを隠さずに伝えていました。未経験だけど頑張る気持ちを伝えたところ、中にはライティングのマニュアル以上に教えてくれた発注者の方もいたりと、丁寧に教えてもらうことができました。

なので、未経験であることは下手に隠す必要はないですし、それをカバーするヤル気を伝えることができれば案件を獲得できると思います。

手順②:本を読みながら基礎知識を学ぶ

繰り返しになりますが、とにかくまずは仕事を受注してください。

そして、仕事しながら、同時並行で、本でインプットしていきましょう。

何を学ぶべきかですが、文章力についても必要ですが、オススメは以下です。

  • SEOの基礎知識
  • WordPressの基礎知識

なぜSEOかというと、その記事にGoogleなどの検索エンジンからの流入を加速させるためです。また、未経験の方はイメージしづらいかもですが、WordPressでWebサイトが構築されていたりすることが多いため、WordPressを使ってアップロード作業までできると発注者にとってメリットがあるからです。

なので、上記2点についても対応できると、ライティングの単価が上がりやすいです。

 SEOについては、ざっくり全体を学ぶのがいいと思います。自己投資だと思って読んでみましょう。

WordPressについては、できれば自分でブログを立ち上げることがオススメです。

ぼくは、自分でブログを持つようになってから、WordPressの基礎知識を持っていればよかったなと気づきました。。。

手順③:ライティングで得たインプットを発信する

さらに、ライティングで仕事をして、本でインプットをしながら、さらに自分でも発信をしましょう。

先ほど、WordPressでブログを用意した方はブログでもいいですし、TwitterやFacebookなどのSNSもいいと思います。

ぼくは、Twitterとブログで発信しています。

発信することで、対外的に専門性をアピールできますし、またコンテンツが溜まってくれば信用を構築していけるからです。せっかくインプットした知識を使わないと勿体ないので、アウトプットについても取り組んでいくのがオススメです。

まとめ

本記事をまとめます。

  1. Webライターのメリット3つー時間、場所に縛られず、専門的なスキルが身につく、キャリアアップの可能性がある
  2. 副業Webライターは月5〜10万円稼げる、SEOやWordPressの知識でさらに単価UPが可能
  3. Webライターを始める手順は、とにかくまず受注すること

大半のWebライターは「副業としてお金お稼げたらいいや…」くらいのモチベーションで働いています。ぼくもその1人でした。

ただ、SEOやWordPressの基礎知識を持ったWebライターはそれほど多くないですし、Twitterを見ていると、Webライターとして月100万円以上稼いでいる方もいらっしゃいます。

そこまでいかなくても、文字単価を上げていければ、月10万円以上を稼ぐことは十分にできますし、複業として安定的に稼ぐには実現性が高い方法だといえます。

ぜひトライしてみてください!

本記事を最後までお読みいただきありがとうございました。