副業サラリーマンでも休日を上手く活用すれば、圧倒的に稼ぐことができる

Money

こんにちは、keijinhoです。

・オフの日に副業をするのがキツイ
・どうやったら成果が出るのかわからない
・結果を出すためのオフの日の使い方や取り組み内容を知りたい

本記事では、上記のお悩みを解決します。

本記事の内容

  1. サラリーマンはオフこそ有効活用しなければライバルには勝てない
  2. トッププレイヤーのマネをして素早く結果を出す
  3. オフの上手な時間の作り方

本記事で悩みを解決できる根拠

ぼくがサッカーを始めたのは、中学生になってからで、しかも田舎育ちでサッカー部が無かったので、1学年4人しかいない隣町のクラブチームに所属していました。

スタートも遅いし、中学時代は試合ができる環境にすらなかったので、生涯のプレー時間は他の同世代のメンバーに比べて少ない方だと思います。それでも、大学代表候補に選出されたのは、練習以外でもサッカーに触れていた時間が長く、サッカーのことを考えている時間が優っていたからだといえます。

先日、こんなツイートをしました。

サラリーマンの皆さんは、平日の夜や土日など、仕事以外の時間は休みたいですよね。

でも、副業で稼いでいきたいなら、目標金額や目標期限によりますが、オフだからこそ副業に時間を使っていかなければなりません。

なぜなら、参入しようとしているビジネスのライバルたちは、副業の人だけではなく、専業でやっている方も多いので、中途半端な気持ちでは思い描いたような結果にはならないことがほとんどです。

そこで、オフを有効活用してサッカーで大学代表候補まで選出された経験を活かしながら、副業サラリーマンをしている経験を踏まえ、休日の使い方や取り組み内容をご紹介していきたいと思います。

サラリーマンはオフこそ有効活用しなければライバルには勝てない

副業サラリーマンの方は、本業としてビジネスに取り組んでいるライバルたちと資本主義のフィールドで戦うことになります。

ただ、平日はサラリーマンをしているので、ライバルたちに平日の作業量では負けているはずです。

そこで、ライバルたちよりも成果を出すためにやるべきことは大きく2つです。

居残り練習=作業

1つ目は、居残り練習をすること、つまり、現状の自分よりも作業量を増やしていくことです。

ぼくもブログをやっていますが、途中で諦める方のほとんどが思うように成果が出ない、という理由によるということのようです。

でも、専業でビジネスをしているライバルもいる中で、副業として取り組んでいるのであれば、尚更成果を出すのは簡単じゃないですよね。

また、最初から完璧を求めすぎて、インプットばかりに陥ってしまいアウトプットが疎かになっている場合もあるかと思います。ただ、量をこなすことが質を高める、という言葉もあるように、最初から完璧にできる人なんていませんよね。

なので、まずは作業量を増やす、アウトプットを重ねていく、ということが重要になってきます。

動画、実際に試してみる、脳内シミュレーションをする

2つ目は、作業ができないなら、作業の代わりにそのビジネスに触れる時間を増やし、自身のバリューを高めていくことです。

ぼくは、サッカーでは、中学卒業から大学まで、毎日のようにサッカーの試合を1〜2試合観て、気になったプレーはボールを使って実際に試してみたり、自分のチームならどうするか脳内シミュレーションを繰り返したりしていました。

これをビジネスでも行うイメージです。

ブログなら、稼いでいるブロガーのブログを読み込んで参考にしたり、コンテンツについて情報収集をしたり、他の業界からヒントを探してみたりと、作業ができないなりに、自身のバリューを高めていく行動はたくさんあります。

作業と同じくらい、自分の頭で考える、ということが重要です。

トッププレイヤーのマネをして素早く結果を出す

副業で稼ぐことは、必ずしも難しいことではありません。

ぼくはアドセンスを付けて1週間、アフィリから1ヶ月で収益を上げることができました。

とはいえ、がむしゃらにやったからといって成果が上がるわけではなく、方向性を間違えてしまうと、成果が上がらず、自分の時間を浪費することになってしまいます。

スタート時の方向性は非常に重要なので、最初からオリジナリティを出そうとか色気を出さずに、邪魔なプライドは捨てて、その業界のトッププレーヤーを分析し、どんどんマネしていくこと成功するための近道です。

ネットでたくさんの情報を取得できる現代です。サッカーなら、ネイマールやメッシのなど、世界のトッププレーヤーの動画を簡単に見ることができ、自身の先生にすることができます。

不動産投資、ブログ、コンサルも、その領域で圧倒的に成果を出している方がいますので、その方たちをマネして自分のパターンにしてしまいましょう。その方が素早く売上が上がるので、コツも掴めるし、メンタルも安定します。

そして、得点パターン、勝ちパターンを見つけたら、そこに自分のオリジナリティを加えて、尖らせていくというイメージです。

オフの時間の作り方 

ここからは、副業サラリーマンの方が、オフ=副業の時間の作るために意識すべきことをご紹介します。

事前練、居残り練

ぼくはサッカーを始めたのが中学生からと遅かったので、全体練習の1時間前にグランドに行き、全体練習後も1時間居残りするようにしていました。全体練習が3時間だとすれば、ぼくは5時間やっていたことになります。

また、友人たちが帰宅後とか移動時間にゲームをしている間、ぼくはサッカーの試合を見たり、読書をしたり、脳内シミュレーションをしたりしていました。

これを副業やビジネスでも行うイメージです。

朝いつもより1時間早起きして朝から副業をする、帰宅後に1時間副業する、電車での通勤時間をゲームではなくスマホでできる作業の時間に充てたり、トッププレーヤーから情報を収集して自分への活用方法を考えるなど、普段何気なく過ごしている時間を副業のために使うという意識で、時間の使い方は大きく変わります。

最初は慣れないかもですが、1週間も続けるうちにそれが通常になってきますので、全然問題ありません。習慣を味方にしてうまく時間を活用していきましょう。

定期的に適度な運動を取り入れよう

とはいえ、体力差は人によって違うと思いますので、無理して副業をして身体を壊しては本末転倒なので、体力的にキツかったら無理は禁物です。今日はムリだなと感じたら、思い切って休むのも重要です。

また、ぼくは体力を維持するために(体型維持の目的もありますが)、毎日10分程度の筋トレと、週2〜3で1回5〜10kmくらいのランニングをしています。ウォーキングでもいいと思います。

身体は大事な資本ですし、運動するとリフレッシュにもなるので、適度の運動もオススメです。

まとめ

本記事のポイント

  1. サラリーマンはオフこそ有効活用しなければライバルには勝てない
  2. トッププレイヤーのマネをして素早く結果を出す
  3. オフの時間の作り方

平日に働いているにも関わらず、オフの時間に副業をして稼いでいこうというのは正直大変ですし、しんどいですよね。

ただ、人って不思議なモノで、行動を続けていると習慣として認識するようになり、行動しないことの方が気持ち悪かったりします。

そのため、最初から朝1時間も早く起きれないとか、今日は寝坊してしまったから明日からやろうではなく、10分でいいので、ハードルを下げてまずは毎日継続するようにしましょう。徐々に時間を増やしていけばいいだけです。

本記事を最後までお読みいただきありがとうございました。